【ダバオに泊まるなら】airbnbを使ってみよう

ある程度旅行慣れされている方や、ホテル代金を抑えたい方はairbnbを使うことをオススメします。

プール、ジム付きのキレイなコンドミニアムがなんと一泊2,000円前後から借りることができます!

【ダバオ旅行】ここに注意しよう!

2018.04.09

【ダバオに泊まるなら】おすすめホテル3選

2018.04.06

こんな優雅なところ、日本にはありません、、。

注意点としては、ホテルとは違いアメニティが付いてない場合が多いので、
事前にホストと下記のやり取りをするのが良いと思います。

・アメニティの有無(バスタオル、歯ブラシ、シャンプーなど)
・Wifiの有無
・ジムは使用可能か
・セキュリティ体制(コンドミニアムは大体入り口に警備員がいます)
・洗濯機は使えるか
・ゴミの捨て方
・喫煙スペースはあるか(喫煙者の場合)
・追加料金が発生することはないか
(僕の場合、コンドミニアムのプールにフィリピンの友人を呼んだら人数分の入場料を取られました、、)

失礼ながら、ホストとはいえフィリピン人は日本人のように
先回りして気をきかせてくれることはあまりありません、、。

できること、できないことは事前の段階でできるだけ細かく聞いておくことをおすすめします。

また、ダバオ空港到着後にホストと連絡を取ることがほとんどだと思いますので、
マニラorセブ空港で現地のSIMに交換しておくとよいです。

注意としては、電話付きのプランを選ぶこと。
データだけのプランだとホストに電話できないので合流時に困ってしまいます、、。

SmartかGlobeのブースで電話付きのプランが希望ということを伝えましょう。

ダバオに行くなら現地でSIMを買うのがおすすめ!

2018.04.04

ちなみにフィリピンの国際電話は+63です。(日本は+81)

ホストが教えてくれた番号が

+63 123 456 7890

の場合、+63を0に変えて

0 123 456 7890

に電話すれば繋がります。
(これを知らなくて現地でめちゃくちゃ焦りました、、)

コンドミニアムについて落ち着いたら、
SMモールなどのショッピングモールで買い物をしておきましょう。

中に大型のスーパーがあるので、身の回りのものは大体揃います。

・タオル
・トイレットペーパー
・ミネラルウォーター
・歯ブラシ、歯磨き粉
・シャンプー、石鹸
・日焼け止め
・朝食用のパン

など。

特にトイレットペーパーはマストです。
フィリピンのトイレは基本的にトイレットペーパーが付いていないので持ち歩く必要があります。

そして、トイレに紙を流すとすぐ詰まってしまうので、ふきふきした紙は横にあるゴミ箱に捨てるんです。

コンドミニアムのトイレもその例に漏れませんので、
抵抗がある人はあらかじめ日本からスーパーのレジ袋を持って行ってそれに入れて捨てるのがよいでしょう。

【ダバオ旅行】気になるQ&A

2018.04.09

【ざっくり解説!】フィリピン・ダバオの歴史

2018.04.08