【千代田区スポーツセンター】超都心の公営ジムは結構本格派だった!

アクセス

最寄駅は東京、神田、大手町と、まさにビジネス街の中にあるジムです。
おそらく日本で最も都心部にある公営ジムと言っても過言ではないかもしれません。

【やる気】筋トレのモチベーションを保つために大切なこと

2018.03.08

僕が切実に伝えたい続けるための正しいジムの選び方

2018.03.06

外観

建物はやや古い印象。

トレーニング施設

千代田区民300円、それ以外500円です。ちょいと高め。
券売機でチケット購入後、エレベーターで3階へ。

ロッカー、シャワールームはまあキレイですね。

ちなみにここのロッカーは公営にしては珍しく有料です。
とはいっても、10円~30円ですが。(3つの大きさのロッカーがあります)

ジム設備

小、中規模のジムですね、そこまで大きくはありません。

有酸素

ランニングマシーン    3台
クロストレーナー  2台
エアロバイク    4台
リカンベントバイク 3台

有酸素マシンはそこまで多くありません。
ジムの大きさからいっても妥当な感じかと。
TVも付いていません。

マシーン

レッグプレス
レッグエクステンション/レッグカール
インナーサイ/アウターサイ
バイセップス/トライセップス
バックエクステンション/クランチ
ラットプルダウン/シーテッドロー
チェストプレス/ショルダープレス
ケーブルクロス
マルチジャングル
スミスマシン
腹筋台 2台
背筋台 1台

省スペースが求められるためか、1台で2つのメニューができるマシーンが多かった印象です。
Paramount社のマシーンがメインでした。

フリーウェイト

フリーウェイト台 3台
ダンベル     1-40kg
ベンチプレス   2台
バーベル     10-45kg

ダンベルが40kgまであるのでかなりの方はカバーできると思います。
ちなみになぜか一番奥にサンドバックが存在感たっぷりに吊り下げられていました、、。

総評

規模のわりにはしっかりした器具が揃っているので、下手な有料ジムよりコスパいいと思います。
なお、立地がよいので時間帯によっては結構な混雑が予想されます、、。

【本紹介】これから筋トレを始める人におすすめの2冊!

2018.03.09

【必見!】ダイエットのためのカロリー計算法

2017.11.19

利用に関して

詳細は下記URL参照
https://www.spst-chiyoda.jp/

営業日時

トレーニングルーム 平日(月曜~土曜):午前9:00~午後9:00
日祝:午前9:00~午後5:00

定休日

  • 第3月曜日が休館日となります。
    第3月曜日が祝日の場合は、翌火曜日が休館日となります。
  • 年末年始は12月29日~1月3日が休館日となります。
  • その他施設点検等で臨時作業する場合があります。この場合は事前にスポーツセンター内に掲示いたします。

●区民の60才以上の方、無料。
●区民の障がいをお持ちの方、無料。(1名につき、介助者1名無料)
※受付にて障害者手帳の提示が必要となります。

チケット 区民 一般 備考
トレーニングルーム 300円 500円 併用して、週間プログラムの参加可
週間プログラム
(16歳以上)
200円 350円 週間プログラム1講座の参加可
400円 600円 水中エクササイズのみ。プール利用可
※プールチケット
プール 大人
(16歳以上)
400円 600円 2時間(超過1時間につき300円)
小・中学生 200円 300円 2時間(超過1時間につき150円)
※検定に合格していない小学生は保護者とマンツーマンで1コースのみの利用
各競技場 大人
(16歳以上)
200円 350円 相撲場、卓球場、柔道場(柔道・空手)、剣道場、弓道場(和弓・洋弓)、主競技場(バドミントン・バスケットボール・バレーボール)
小・中学生 100円 150円