男性よ、結婚する前にこの本を読もう!

いやーやばい本に出会ってしまった、、。

もうね、

結婚を考える全ての男性は読むべき。

でもね、全ての男性がこれを読んだら、

日本、ますます少子化になるんじゃない?

って感じ。

いやーそれくらい衝撃的な本だった。

逆に言うと女性には絶対読んで欲しくない。

「損する結婚 儲かる離婚」

 

恋愛工学で有名な藤沢数希さんの書いた本。

ざっくりいうと、離婚にまつわるお金の話です。

「俺は離婚しないから大丈夫!」

なんて思ってる方、身ぐるみ剥がされますよ!

離婚した時に払わされるお金

ワイドショーとかでプロスポーツ選手の〇〇が元妻の△△に慰謝料を・・

とかたまにやってるじゃないですか?

あれ、ざっくりと「慰謝料」っていってますけど、
具体的には3つに分かれます。

①慰謝料

はい、読んで字のごとく「慰謝料」
心の痛みに対するお金。でも実際はこれはそんなにお金はかからない。

せいぜい100-200万くらい。高いよ)

②財産分与

これがエグい

例えば夫婦が結婚した時に、お互い所持金が0円だったとします。
(夫が働いてて妻は専業主婦とした場合)

3年後、夫婦は離婚することに。
その時夫は仕事で稼いだお金が1,000万円あったとします。

裁判所はこう言います。

「夫が稼いだ1,000万円は、妻の内助の功あってもの。

つまり、半分の500万円を妻にわたせや。

もうね、ヤクザですよね。

仮に結婚生活が1時間しか続かなかったとして、
もしその1時間で買った株が爆上がりしたら

それは妻のおかげ。

勝利の女神として報酬の半分を受け取る権利がございます。

③婚姻費用

これも超理不尽ルール。

夫婦は同じレベルの生活水準を維持しなければいけないので、
稼いでいる方が相手にお金を払いましょーね。

しかも離婚裁判が終わるまでずっとね。
(離婚裁判は早くてもだいたい2年くらいはかかる)

というルール。

※具体的な金額は本に書いてあります!

え?

もう好きじゃない相手にお金払うの、、?キツ。

しかも相手の方は離婚裁判を長引かせれば長引かせるほど不労所得が増えますので、

「長引かせたろ。」

ってインセンティブが働きまくるじゃないですか。

地獄。

あんなに愛し合った二人なのに、、。

妻が払うこともある

あ、忘れてました。

これって、

稼ぎのいい方が払う義務があるんですよ。

なので妻の方が収入が高い場合、当然支払う義務は妻に発生します。

統計的に世の夫婦は男性の収入の方が多めなので男性目線で書いてますが、

最近は女性の活躍が目覚しいので、妻の方が収入が多いことも全然あるはず。

女性も気をつけてくださいね!

たもりは男女平等主義者ですから。(何キャラ)

所感

いや〜この本は震えましたね。

特に結婚の予定がないのに震えました。

しゃりょう
いさんぶんよ
んいんひよう

あと

いせいはたん(払う側の)

この頭文字を合わせて

夫婦の「いざこざ」

と脳みそに叩き込んでおきましょう!