Trading Viewを使うならブラウザはBraveがおススメ!

最近また仮想通貨の相場に勢いがついてきましたね!

チャートを見る時はもっぱらTraging Viewというサイトを使ってるんですが、

たまたまtwitterを眺めてたらこんなツイートを発見。

へー、こんなブラウザがあったとは!

ミーハーなので早速トライ!

ちなみにいつも使ってるブラウザはChromeで、別段遅いなとか思ったことはなし、、。

(手前味噌ながら、パソコンのスペックは高め、、)

そもそもBraveとは

ウェブ・ブラウザです。
Chromeや、IE、Safariみたいなものと思っていただければ!

特徴的なのはこのBrave、ブロックチェーンを活用していること!

独自の通貨(トークン)であるBAT(Basic Attention Token)を使って、
ブラウザを使用するユーザーに対して報酬を与えると同時に邪魔な広告を抑制。
そしてユーザーはBATを使って、アクセスするウェブサイトのコンテンツ製作者に対して報酬を提供できたりします!

「え、意味がよく分からん」

となると思いますので具体的な例をあげると、

Braveブラウザを使ってYoutubeの動画を見る際には広告が出てきません!

そしてそのかわりに、BATを動画制作者に送ることができます。

これならば動画制作者は広告料の代わりにBATを手に入れることができますし、
ユーザーも邪魔な広告を見ないですんでwin-winですね!

という感じです。

実際うまくいくかどうかは分かりませんが、新しいWebの形、

Web3.0として今後を期待されています!

Why the Web 3.0 Matters and you should know about itより

そして広告表示がなくなることにより、

表示が速くなる!

というメリットも!

まあ今回の趣旨は

Trading Viewを快適に使う!

ですので、これ以上の詳細な解説は省きます。

ざっくり言うとBraveとは

・ブロックチェーンを使った近未来的なブラウザーだよ
・広告表示がないよ
・表示速度が速いよ

というナイスなブラウザーだということ!

実際に使ってみたところ

ブラウザのダウンロードは下記リンクからどうぞ。

Brave Browser

trading viewを開いて使ってみたところ、

この邪魔な広告、消しても5分に一回くらい出てくるんですけど、

ちゃんと消えました!

肝心の高速化なんですが、もともとパソコンのスペックが高いこともあってか、

今までと比べて超快適になったぞ!

とかではないんですが、まあスピードに不満はない感じ。

ちなみにこちらはiPhoneですが、スピードテストの動画になります。

Trading viewを使う時は邪魔な広告を消してくれるので当然このBraveを使用しますが、

メインのブラウザとしては今のところはどうかな~と考えてます。

というのも、実用で考えるとやっぱりChromeの方が便利なんですよね、
Googleアカウントの同期とか、Evernoteとの連携とか、、!

まあこれはGoogle依存の表れでもありますが、、。
当面メインはChromeになるかと思います。

ただしBraveの広告表示抑制は圧倒的なメリットでもあるので、
使い方はいくらでもあるかなと!

iPhoneにも入れてみた

勢いにまかせてiPhoneにも入れてみました。

結論から言うと、

こちらはBraveをメインにすることに決めました。

ちなみにiPhoneでは今までSafariを使ってました。

Chromeじゃない理由は、こんな感じで戻るボタンが左上にあるので、

非常に押しにくい!

という実に単純なもの。(もしかしたら変更できた、、?)

こういうところ、地味だけど大事なんですよね。

こちらはBrave。

はい、ちゃんと押しやすい下の位置にボタンが配置されてます。

そしてこんな感じで、

邪魔な広告をこのくらいブロックしました!
無駄な時間をこれくらい減らしてます!

というのが表示されます。

使ってみて改めて思ったんですが、

スマホで広告出ないのめっちゃ快適。

画面が小さい分、不意にタッチして余計なページを開いちゃったりしますからね。

それが減るだけでもかなりありがたい。

もちろん表示が速いのも〇。

というわけで、iPhoneのブラウザーはbraveにすることに即決。

※Android版もあります

いやーかなりいいブラウザに出会えました。おススメです!